「もうだめだな」と思ったら諦めて時間制限付きでがんばる

 

時間制限を付けると割と上手くいく

 

この絵はダメそうだなー

この絵は気が乗らないから描くのやめたい

 

そういう時は

 

高原
高原

まず諦める

高原
高原

そして時間制限つきで頑張る

僕の経験上、諦めてから描き始めたほうが、無理に我慢して描いてるより上手く描けたりします

 

先が見えない中で頑張るのは難しい

特に、「上手く行く未来が見えない」ときはきつい

 

これがんばってもたぶん無理だな

 

そういうときは無理にがんばらずにまず諦めます

 

諦めたうえで、「1時間」とか、時間制限付きで頑張る

 

 

そうすると気持ちよくできるし、意外と上手く描けたりします

 

 

諦める=ダメな未来を受け入れる

 

そうすると、諦めずに頑張るよりだいぶ楽です。

 

ただ「もうだめだ」と思うときって、大体物事の途中ですよね

 

だめな結果が出た後に「もうだめだ」とは思いません

 

すでに結果が出てますから

 

つまり「もうだめだ」と思うときは「まだ途中だけどいい結果が出そうもない」ときが多い気がします

 

 

ただ、そこで辞めちゃうと失敗も成功もない中途半端で終わることになります

 

しかし結果が出ないとわかっていてがんばるのもキツイ

 

だから「まず諦める」

 

次に時間制限付きでがんばって終わらせます

「あ、これたぶん無理だから、あと1時間で終わらせよう」

 

終わりとは結果が出るとき、つまり「失敗」か「成功」がわかるところです

こうすると、意外とリラックスして頑張れます。

 

 

 

 

成功しようという気持ちが尽きても、次に失敗しようという目標を作ればまだちょっと頑張れます。

 

 

また諦めてる状態だと余計なことをしたくないので、「終わり」まで最短でやります

 

そうすると上手くやろうと、ごちゃごちゃ考えてたことが消えるので、意外といつも通りの力が発揮できたり

 

 

迷ってるときや、成功する未来が見えないときには

 

「諦めて、時間制限付きで終わらせる」

 

がおすすめです

 

 

途中で投げ出すことが減り、失敗に対しても達成感を得られるようになります