ブログを書きたい理由&継続の方法を考える

なぜ書きたくなったか

今日はブログの運営方針についての雑記です。

最近ブログをもっと積極的に書きたいなと思っています。

 

勝手に書けよって話なんですが、最近になってまた発信をしたくなってきたのには理由がありまして。

 

これまでも書籍を執筆した時とか、新作ゲームアプリをリリースした時とか、要所要所で記事を書いていました。

ただ僕がフリーランスになった2018年の頃のような、週に何本も記事を出すような書き方はここ1年以上していませんでした。

 

最近になってブログを改めてやり始めたいと思ったのにはいくつか理由があります。

 

まず、まず個人でゲームやアプリを作るようになってから自分の中に新しい知識や技術が色々と溜まってきて、それを発信したいと思うようになってきたからです。

あとは自分が作ったアプリを宣伝する場所としてブログを使いたいと言う新しい欲求も出てきました。

 

そもそもブログや発信を始めたきっかけ

 

一年位前の僕はすでにその時持っている技術や知識、考え方とかをほぼほぼ発信し尽くしてしまっていました。と、少なくとも自分の中ではそう思っていました。

 

もともとこのブログを始めた時は僕はフリーランスになった直後でした。

 

その時の自分の狙いとしては、仕事も常に手一杯で、自分自身のブランディング+営業活動、さらにちょっとしたあー収益になってフリーランスの生活が安定したらいいな、と言うようなふわっとした狙いで始めました。

 

ただ思いのほかフリーランスの仕事は途切れず、仕事で常に精一杯の状況がかなり続きました。

というか、基本忙しかったです。

 

発信をしてフォロワーを増やしても自分の手がいっぱいなのであまり仕事をすることができません。

ありがたい話ではあるのですが、これは完全に誤算でした。

 

そういうようなことがあって、TwitterやブログYouTubeなどを含めて、発信をすることに対してモチベーションがどんどん下がっていき、ここ1年ぐらいあまり積極的に発信をしていませんでした。

 

 

ただ前述の通り、個人開発を始めてからは色々とやりたいことも増えてきたので、また発信をしていくことにしました。

何を書くか

今後は、まず個人ゲーム開発で得た知識や技術の断片を少しずつでもいいので発信していきたいと思っています。

 

ちょこちょこブログやqiitaほうに記事を投稿したりしていたんですが、それをもう少し意識的に数を増やしていきたいと思ってます。

 

ひとまず

  • ライフハックや考え方のような記事
  • プログラミングやUnity、Blenderなどの技術的な記事
  • 他の人のアプリやコンテンツ遊んでみた感想
  • 自分が作ったアプリの宣伝

などをブログやTwitterを含めて発信していこうかなと。

 

僕自身の個人的な知見とか個人的なことに関してはブログの方になるべく書いていきたいなと言う感じですかね。

 

Qiitaのほうは技術的な内容特にプログラミングなどの知識に関しては、SEO的にかなり強いようなので開発中にちょうど当たったエラーやプログラミングの局所的な知識等は北のほうになるべく書いていて、まとまった知見やまとまった技術とかはブログのほうにまとめてみようかなと思っています。

 

いつか書くか、どうやって書くか

ブログや発信を継続的に行っていくには、今の生活スタイルの中にうまい具合にこの執筆とか発信を入れていかないといけないです。

 

この時間をどうやって確保するか、いつやるかというのが大事になってきますかね。

 

ひとまず時間制限を区切ってやってみようかと思います。

これは個人アプリ開発者のうめのんさんがブログで紹介していたやり方です。

ブログを休まず続ける方法
ブログをコンスタントに書きたいなと思いながら失敗続きでしたが、最近やっと続く方法を見つけた。というのも、1ヶ月半前ぐらいから、毎日30分だけブログ書くのに使うルールを実践したらめちゃ続いてる。 この時間制限をもうけながら毎日かかさずやるやり方は、村上春樹が毎日午前中だけ小説書くってやり方を真似したのがきっかけ。

 

1日1記事など量的なノルマよりは、30分とか1時間などの時間的なノルマの方が最初は気楽にやりやすいだろうと。

同じような話で、最近毎日30分だけ家事をやるようにしているのですが、これは結構うまくいっていってます。

同じやり方でブログでもいい感じにできたらいいなと思ってます。

 

なかなか新しいことを始める時は、今までやっていたことの中のどれかを辞めて新しいことをやる時間を作らないといけないので、そこが結構大変だったりします。

 

前はその時間をとっていたので良かったのですが、一旦書くのをやめてしまうとなかなか新しく書くときにはあぁその時間を用意するのが難しくなってきてしまって、書こう書こうと思って開かない日が続いてしまうと。

そういうことが起きやすいです。

 

30分の執筆だと大体2、 3日で1記事書ける位のペースだと良いかなと。

 

あとは技術記事は、短くてもいいから、なるべくその場で書くのが負担が少ない気がしています。

後で書こうと思っても調べたことを忘れるし。

 

今書いてるような雑記的なことは音声入力を使うとは書きやすくなります。

書評とか体験談とかも同様ですね。

 

このブログはわずかですが、アドセンスやアマゾンアフィリエイトなどで多少収益化できています。

なので、継続してブログを書くことで少し小銭稼ぎになればいいかなと言う淡い期待もあります。

 

というわけで、またゆるゆるとブログを書いていこうと思います。

 

宣伝

個人でゲームアプリを開発しています。

もしよければ遊んでみてください。

 

【脱出ゲーム Underground】

iOS版   Android版

 

【ロボットミックスパズル】

iOS版   Android版

 

絵の描き方の本も出版しております。

こちらも見ていただけたら嬉しいです。

【基礎から実践まで全網羅 背景の描き方】

created by Rinker
SBクリエイティブ
¥2,420 (2021/08/04 18:21:37時点 Amazon調べ-詳細)